お知らせ

2016/03/25

ゲン鷹の台カウンセリング代表・心理カウンセラーの原水樹です。

2016年2月28日にNPO法人レジリエンスよりSAFERアソシエイト※として認定されました。

SAFER(Sexual Assault-Free Environment and Resilience)アソシエイトは、性暴力・性虐待に苦しむ方を支援するために必要な知識や情報に関する一定の研修を受けた者であることを、NPO法人レジリエンスが認定するものです。http://www.safer-jp.org/about/saferassociate

DV・性暴力・ハラスメントの無い社会の実現を目指し、これからも活動を続けて参ります。

 

「性暴力」という言葉にはとてもインパクトがあります

新聞やテレビの向こう側で起きた事件の様に、頭では理解出来ても、身近な問題であるとは考えにくい、逆に身近にその問題があったとしても、一人では抱えきれない、または目を背けてしまう人もいます。性暴力の大きな特徴として、被害者が周囲に相談することを躊躇したり、口止めされていたりする場合があり、声を上げにくいということがあります。その為被害者は誰にも相談できずに孤立し、永い時間一人で苦しみを抱え続けるということが少なくありません。

 

親にも友人にも話せない。では誰に相談すればいいのか

心身共に傷ついている被害者が、不慣れな支援者の反応や言葉で再び傷ついてしまう二次的被害に遭わない為には、信頼できる支援者との出会いが必要です。

ご相談を受けるにあたり、私は一人の人間として、カウンセラーとして、SAFERアソシエイトとして、以下の事に充分配慮し、ご要望があれば出来る限りお応えしたいと思います。

 

1.あなたの人権と安全に配慮し守秘義務を守ります

2.落ち着いた環境で、あなたのお話を穏やかに伺います

3.あなたの言葉と感情と行動を肯定的に受け止めます

4.あなたのお気持ちに寄り添いながら、これからのことを一緒に考えます

 

過去にDV・性暴力・ハラスメント等で傷ついた経験をお持ちの方や現在も継続的被害に遭われている方で、誰かに打ち明けたい、相談したいと思っていらっしゃる方は是非一度ご相談ください。

初回のお客様限定一往復の無料メールカウンセリングサービスもご利用頂けます。まずはメールでお気軽にご相談頂ければと思います。

2015/07/17

いつもゲン鷹の台カウンセリングをご利用頂きありがとうございます。

 

ご好評頂いております、メールカウンセリングが「メールカウンセリング10」になりました。

従来のサービスからグレードアップし、モバイルでもPCからでも10往復のご相談が可能に!

更に有効期間も1ヶ月から3ヶ月に延長され、ますます便利になりました。

この機会にぜひご利用ください。

 

ゲン鷹の台カウンセリング

代表心理カウンセラー 原 水樹

2014/10/06

いつもゲン鷹の台カウンセリングをご利用頂きありがとうございます。

 

「無料メールカウンセリング」や「お問い合わせ」を頂いたお客様へのお返事は、

即日中に必ずメールにてお答えする様努めておりますが、

カウンセラーからのメールが送信できないお客様がごく稀にいらっしゃいます。

 

原因としては、お申込みの際の、[メールアドレスのご入力]に謝りがある可能性が考えられます。

お問い合わせから48時間を過ぎてもカウンセラーより返信が無い場合、

お手数ですが、入力されるご自身のメールアドレスを再度ご確認頂いた上で
再送して頂きたくお願い申し上げます。

 

2014.10.6

ゲン鷹の台カウンセリング

1 2
このページのトップへ